• ホーム
  • プリリジージェネリックの価格帯

プリリジージェネリックの価格帯

2019年08月23日
薬を飲む男性

早漏に悩む人にとって、パートナーと性行為を行えないということは大きな問題です。
それを解決してくれるのがプリリジーという治療薬で、医療機関では30mgが3錠で9000円という価格になっています。
プリリジーは1日1錠飲む薬なので、1日3000円ほどの出費になります。
早漏手術など怖い思いをしないで治療薬で改善するのならば安いと感じる人もいるかもしれませんが、それでも使い続けるとなると安価とは言えません。
プリリジーをより安く手に入れるには、ネット通販を利用して個人輸入して購入する方法もあります。
医療機関で処方される医薬品のメリットは体質に合っているかどうかを医師に確かめて貰え、安全に飲めることです。
副作用などが起きても医師の診断により受け取っているのであれば、副作用に対しても相談に応じて貰えます。
ネット通販で輸入する場合はその部分を省いているので安価に購入できる仕組みになっています。
具体的な価格帯として、30mgが4錠で3000円ほどで購入が可能です。
医療機関で処方して貰ったときの1回の価格が3000円ということですから、約1/3以下の価格で使える計算になります。
個人輸入だと海外からプリリジーのジェネリック医薬品が購入出来ます。
ジェネリックであれば1錠100円台から購入可能なものもあります。
ただし、個人輸入代行業者を利用する場合には。
注文した本人以外は使えないという所は注意が必要です。
友人・知人などに対しての譲渡も禁止されています。
輸入購入可能なのは1度の購入につき1ヶ月分までが上限となっています。
安全な使い方としては、まず医療機関で医師に早漏の症状を相談の上、問題がなければ2回目以降の使用をジェネリックに切り替えるなどがオススメです。