ベラジョンカジノでプレイして負けた人の金額は果たしてどのくらい?その要因とは何なのかを検証!

誰でも簡単!無料会員登録の方法

誰でも簡単!無料会員登録の方法

誰でも簡単!無料会員登録の方法

入金方法・手順・手数料・限度額の解説

入金方法・手順・手数料・限度額の解説

入金方法・手順・手数料・限度額の解説

出金方法・手順・手数料・限度額の解説

出金方法・手順・手数料・限度額の解説

出金方法・手順・手数料・限度額の解説

バカラの遊び方・攻略・必勝法の紹介

バカラの遊び方・攻略・必勝法の紹介

バカラの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ルーレットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ルーレットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ルーレットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ビデオスロットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ビデオスロットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ビデオスロットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

previous arrow
next arrow
Slider

ベラジョンカジノは、魅力的なカジノゲームがたくさん遊べるオンラインカジノであり、日本人の間で特に人気の高く、多くの人がプレイしています。

ベラジョンカジノで遊んでいる人の中には、大勝ちした人もいればもちろん大負けしてしまった人もいるでしょう。

ベラジョンカジノは、ギャンブルです。最終的には胴元が儲かるように還元率が設定されています。しかし、還元率がギャンブルの中でも高いといわれるオンラインカジノで、大負け、大損してしまった人には少なからず原因があります。

ベラジョンカジノをやる目的は、勝負に勝って大金を稼ぐことですが、不安なことは、大負け、大損するリスクではないでしょうか。

実際に借金を背負うまでに至った人の事例からベラジョンカジノで大負け、大損せずに稼げるのかを学びましょう。

「私は、大丈夫!」と思っていても、オンラインカジノは気づいたら負けパターンに陥ってしまい、大損への道を歩んでいるものです。

ベラジョンカジノで負け、大損になりそうなパターンの特徴を心得え「負けパターンに陥っている」と感じた際には、ゲームから離れる勇気を持つことも大切です。

負けないためにはどうすれば良いのか、負けた金額、負けた原因とパターンを踏まえ、ベラジョンカジノで大負け、大損しないための対策を解説します。

オンラインカジノで大損、借金地獄になる人の共通点

ベラジョンカジノ、オンラインカジノで借金地獄にはまってしまった人は実際に存在します。その人たちには、以下のような共通点があります。

  • クレジットカードで入金している
  • 大勝ちを経験している(特にビギナーズラック)
  • 負けた後も止めない、賭け続けている

ベラジョンカジノでギャンブル依存症になり、借金まで背負った人達、具体的にどんな状況が負けパターン、その人たちから教訓を得れば、オンラインカジノ中毒にならないようになれます。

負け額を増やす人が多いオンラインカジノ

日本でも人気のベラジョンカジノは当初はパソコンのみでのプレイでしたが、今ではスマートフォンでもプレイができるオンラインカジノです。

日本語でのメールやライブチャットなどのサポートサービスも充実しているとあって、日本人プレイヤーが最も多いことでも知られています。

ベラジョンカジノは初めて入会するときにボーナスが特典として付与されることやVISAカードやマスターカードといったメジャーなクレジットカードで簡単に入金ができるのが特徴です。

その一方でプレイヤーの数も多いことから、ベラジョンカジノで負け額を増やしている人は少なくありません。

魅力的なゲームが多いことやライブ系のゲーム特有の臨場感溢れるプレイが楽しめることも負け額を増やしてしまう要因になっていると考えられます。

では実際にベラジョンカジノでどのくらいの負け額を経験しているのか、その実態と特徴に迫ってみましょう。

プレイヤーはどのくらいの負け額を経験しているのか

ベラジョンカジノでプレイしている人で、負けたことがないという人はほぼ皆無だと思われます。

それだけオンラインカジノで勝つということは難しく、勝ち続けるとなればこれはもう神業としかいいようがありません。

ベラジョンカジノに限らず、ギャンブルは負ければ負けるほど冷静さを失っていきます。これ以上賭ければさらに負けが膨らむかもしれないといった冷静な判断が下せなくなり、次こそは勝てるに違いないと考えてお金をつぎ込んでいくのです。

しかも負け額を取り戻そうとして一発大逆転を狙うためにベットを上げ、そのたった一度で巨大な損失を被る結果になることも珍しくありません。

ベラジョンカジノでは数万円程度の負け額は日常茶飯事に発生しているといっても良く、スロットを回せば数十分で2万~3万円のお金があっという間に消えてなくなります。

中には10分で2万ドル、2時間で3万ドルの負け額を喫した人もおり、日本円で5万~10万円の負け額はベラジョンカジノでは少ない負け額といっても良いかもしれません。というのもベラジョンカジノのプレイヤーの中には、数百万から数千万の負け額を背負ってしまったという人がいるからです。

ではなぜこのプレイヤーは、負け額がこれほどまでに増えていってしまったのでしょうか。

数十万の負け額を経験した人

オンラインカジノ初心者がいきなり大金を入金し、大きく賭けることはめったにありません。

ほとんどのプレイヤーが最初は2万~3万円を入金して手頃に遊べるスロットなどから始めるのがベラジョンカジノでも定石です。

ベラジョンカジノには日本でおなじみのパチスロをモデルに作られた「Hawaiian Dream」というスロットがあります。

オンラインカジノでも勝ちやすいスロットランキングの堂々1位を獲得している人気のスロットで、パチスロファンがベラジョンカジノの「Hawaiian Dream」に変わって熱中している人が急増中です。

「Hawaiian Dream」はフリースピンモードのラストに7が揃いやすく、揃うとさらに8回転プラスされます。また連装が起きやすいのも特徴で、一発はまれば爆発すること間違いなしのスロットとなっているのが特徴です。

ベット額は0.20~500ドルまで選ぶことができ、最初のうちは少ないベット額で始める人がほとんどです。

しかし「Hawaiian Dream」は還元率が97%と高いため、フリースピンを続ければ続けるほど爆発する力が強くなっていきます。フリースピンボーナスやサンセットボーナスなどもあるため、「Hawaiian Dream」でBIGWINを獲得した人も少なくありません。

これがその後、次第に負け額を増やしていくきっかけとなるのです。

ベラジョンカジノでは過去に「Hawaiian Dream」で10万2,900ドルのBIGWINを記録したことが分かっています。ここまでの大金ではなくても、数万から数十万の利益を手にした人が多いのがこの「Hawaiian Dream」なのです。

しかも比較的早い時点で利益を手に入れた人は、再びあの感動を体験したいがためにどんどんお金をつぎ込んでいきます。

最初は少ない数ドルのベット額でプレイしていても、最高で500ドルを賭けて一発で仕留めれば、100万円が手に入るのです。そう考えてだんだんとベット額を上げていってしまうことで、オンラインカジノの負の連鎖が始まるといってもいいでしょう。

ベラジョンカジノでは不正を防ぐため、スロットゲームにRNG乱数発生器(乱数ジェネレーター)を使用しています。RNG乱数発生器は常に作動しながら数値を形成しており、短時間で当たりが連発することもあります。

そのため次こそはとお金を賭け続け、気付けばあっという間に数万の負け額になっていたという事態が起こり得るのです。その負けを取り戻そうとさらにベット額を増やした結果、負け額が50万円以上になってしまったという人も珍しくはありません。

100万円以上の負け額に達したギャンブル好き

ベラジョンカジノで100万円以上の負け額を喫した人の共通点として、もともとギャンブル好きだったという点が挙げられます。

パチンコや競馬が好きで日常的に行っていた人が、24時間いつでもパソコンやスマートフォンで手軽に楽しめるオンラインカジノに変更するケースが増えています。

一般的にパチンコの還元率は85%、競馬が70%に対し、オンラインカジノの還元率は95~97%もあることが要因です。

ベラジョンカジノでは登録ボーナスとして数十ドル(提携サイトからの登録によって金額が変更するため)をもらうことができ、試しに始めてのめり込む人が大勢います。このギャンブル好きの人もボーナスがもらえることと、クレジットカードで手軽に入金できることが登録する大きなきっかけとなりました。

まず始めに5万円を入金してプレイを開始し、パソコンをクリックしているだけで2倍の10万円にまで増やすことができました。

簡単にお金が増えることに興味と興奮を覚え、さらにスロットで賭けた1,000円が70万近くのジャックポットを引き当てたのです。

この人も最初は1回1ドル(約100円)の少額ベットでスロットを行っていましたが、さらに大きな利益をものにしようと1回のベット額を5ドルに引き上げます。

結果は5万円ほどのロスで終わり、その後は同じ程度のロスを重ねて最初に手にした利益はなくなってしまいました。

そこで10万円をクレジットカードで入金し、再びジャックポットを狙うためベット額を100ドルにして挑戦します。

負け額は増えていくばかりで、気がつけば30万近く負けていました。その後もクレジットカードでの入金を続けたものの、結局は100万円近い負け額を負うことになったのです。

このように百万近い負け額を喫する人は、一度もしくは二度程度の大当たりを経験している人に多く見られます。負けを取り戻そうとして賭け金を上げ、入金を続けていくことであっという間に負け額が増えてしまう典型といえます。

驚きの負け額!1,000万円を超える金額

ベラジョンカジノの負け額が100万円超えというのは相当ショックなものですが、中には1,000万以上もの負け額を作った人も実在します。

この人ももともとギャンブルが好きで、しかもギャンブル運があることが災いとなったケースです。パチンコやスロット、競馬などあらゆるギャンブルが趣味だったことから、オンラインカジノのベラジョンカジノに興味を持ちました。

日本語での対応もしっかりしており、クレジットカードで入金できることから次第にオンラインカジノ一本に絞っていきます。すでにスロットなどの経験があったことやギャンブル運に恵まれていたことが幸いし、スロットでどんどん価値を重ねていくことができました。

結果は1年間で500万円もの利益を手にすることができ、自分にはオンラインカジノの才能があると考えたのです。しかしこれがその後の不運を招くことになるとは、このときはまだ知る由もありませんでした。

スロットで大金を手にしたことから、さらにスロットのベットを500ドルまで上げていきます。ところがここでもまたまた500万円もの大当たりをゲットすることに成功し、次に狙いを定めたのがバカラでした。

ベラジョンカジノにはライブ系のゲームが多数揃っており、ライブルーレットやライブブラックジャックなどが人気です。

特に人気が高いのがライブバカラで、当たれば大きなお金が転がり込んでくること間違いなしのゲームとなっています。しかしバカラは百戦錬磨のディーラーを相手にするため、そうそう簡単に勝てるものではありません。

ですがギャンブル運に恵まれている自負があったことや、すでに2回の大金を手にしていたこともあって、一度に100万円を賭けることもたびたびでした。

ところがバカラでは勝つことができず、手にした500万円はあっという間に消え去っていったのです。でもまだ手にした500万円があると考え、その500万円を一気にバカラにつぎ込んだのが失敗でした。

それも一瞬でなくなり、手にしたはずのお金を取り戻そうとしてクレジットカードで入金できるだけの金額をつぎ込みます。

それでも負け額がかさんでいくとカードローンも利用してバカラをやるようになり、気がつけばバカラの負け額にカードローンの借金額が加わっていました。

その額は実に1,000万円にも及び、クレジットカードからの入金ができなくなったことでオンラインカジノから手を引くことになったのです。

負け額を増やさないために必要なことは?

ベラジョンカジノは、プレイするのに必要なお金を入金する手段として、VISAカードとマスターカードのクレジットカードが利用できます。

そのほかにもecoPays(エコペイズ)やiWallet(アイウォレット)、ビットコインにライトコインなどで入金が可能です。さらにリップルやイーサリアムも利用でき、2019年10月からはコンビニエンスストアからも入金できるようになりました。

しかし一番手軽な方法は、やはりな何といってもクレジットカードでしょう。

今や1人で複数枚のクレジットカードを持っている人は珍しいことではありませんし、面倒な手続きなしで手軽に発行してもらえるクレジットカードも増えています。

VISAやマスターを持っていなくても、よほどのことがない限り数週間もあればベラジョンカジノに入金できるクレジットカードを手に入れることができます。

そしてほとんどのクレジットカードには、残金がなくなっても利用できるようカードローンが付随しています。これがオンラインカジノで負け額を増やしてしまう要因となることは、残念ながら否定できません。

オンラインカジノで数十万から数百万の負け額を作ってしまう人は、クレジットカードでの入金に制限を設けていないことがほとんどです。

賭けられるお金がなくなるたびにクレジットカードから入金していては、あっという間に残金が底をついてしまうことでしょう。

クレジットカードが使えなくなったことでコンビニに預貯金を引き出しに行き、そのままベラジョンカジノに入金して20年かけて貯めた貯金を全て使い果たしたという人もいます。

入金システムが便利であればあるほど、ついついお金を入金してしまいがちです。しかしクレジットカードでの入金はその時点で買い物をしたのと同じことで、支払期限が来ればお金を残しておかなければなりません。

ベラジョンカジノで負け続けるということは、支払わなければいけないお金もなくしてしまうということです。

どの入金方法を選ぶにしても入金額を設定して守ることができないと、どんどん負け額は大きくなってしまうのは間違いありません。

冷静な判断が下せなくなったら止められるかどうか

ベラジョンカジノは24時間いつでもプレイすることができ、自宅のパソコンの前でなくてもスマートフォンでも手軽に楽しめます。

そのため負けを取り戻そうと必死になって、長時間プレイし続けるという人が多いものです。

しかし人が集中力を維持できる時間は限られており、プレイ時間が長くなればなるほど冷静な判断ができなくなってしまいます。負け額が増えるにつれてベット額も大きくなり、さらに負け額が増えていくという悪循環に陥ることは想像に難くありません。

プレイしている時間が長い人や疲れているのに必死で負けを取り戻そうとしている人は、そういう状態になったときに止められるかどうかがカギを握っています。

冷静さを欠いた状態でプレイを続ければ、100万円以上の負け額になることも十分にあり得ますので、自分で線引きするルールを決めておくことが大切です。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!