ベラジョンカジノで逮捕される可能性は?オンラインカジノのシステムや逮捕事例から解説

誰でも簡単!無料会員登録の方法

誰でも簡単!無料会員登録の方法

誰でも簡単!無料会員登録の方法

入金方法・手順・手数料・限度額の解説

入金方法・手順・手数料・限度額の解説

入金方法・手順・手数料・限度額の解説

出金方法・手順・手数料・限度額の解説

出金方法・手順・手数料・限度額の解説

出金方法・手順・手数料・限度額の解説

バカラの遊び方・攻略・必勝法の紹介

バカラの遊び方・攻略・必勝法の紹介

バカラの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ルーレットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ルーレットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ルーレットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ビデオスロットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ビデオスロットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

ビデオスロットの遊び方・攻略・必勝法の紹介

previous arrow
next arrow
Slider

ベラジョンカジノは大手オンラインカジノの一つで、国内でもよく知られています。

オンラインカジノランキングでも上位に入るほど人気がありますが、ベラジョンカジノでプレイしても違法にならないのか、気になる人も多いのではないでしょうか。

オンラインカジノを巡り、国内では過去に逮捕者が出た事例もあります。ここでは、ベラジョンカジノで逮捕される可能性はあるのかどうか、過去の逮捕事例などを交えて解説します。

逮捕の可能性は低いって本当?その理由

ベラジョンカジノでプレイしても、逮捕の可能性は低いといえます。日本で知名度が高く、多くの人がプレイしていると推測されているにもかかわらず、これまで逮捕者が出ていないという事実が、それを物語っています。

ベラジョンカジノを利用して逮捕される可能性は低いという理由は、そのほかにもいくつかあります。

逮捕されない理由①:ベラジョンカジノは合法的に運営している海外のオンラインカジノ

ベラジョンカジノは、Dumarca Gaming Limitedが運営する、海外のオンラインカジノです。Dumarca Gaming Limitedはマルタ共和国に本社があり、親会社はJackpotjoy PLCです。Jackpotjoy PLCを調べてみると、ロンドン証券取引所に上場している企業でした。

さらにベラジョンカジノは、運営に必要なライセンスを、マルタ共和国から付与されています。何がいいたいのかといいますと、ベラジョンカジノは運営元がしっかりしていて、しかも政府から許可を得て運営していますので、違法性は見られないということです。

違法性のないサイトでプレイしますので、たとえ国内の法律がギャンブルを禁止していても、逮捕される可能性は低いと考えられます。

逮捕されない理由②:オンラインカジノを規制する法律がない

日本では原則としてギャンブルが禁止されています。このことから、いくら海外で認められていても、プレイすることは違法なのでは、と思うかもしれません。

ですが、オンラインカジノでプレイしても罰せられることはほとんどありません。その理由は、日本にオンラインカジノを規制する法律がないからです。

ベラジョンカジノのように、海外の運営会社には海外の法律が適用されます。プレイヤーは、その国の法律に従います。日本に住むプレイヤーには、日本の法律が適用されますが、オンラインカジノについて規制する法律がないため、事実上野放しということになります。

オンラインカジノが合法かどうかは、専門家の間でも意見が分かれますが、現状としては(裁く法律がないという意味で)違法にはなりません。

逮捕されない理由③:犯罪として成立させるのが難しい

日本にオンラインカジノを規制する法律はありませんが、ギャンブルは、刑法の「賭博及び富くじに関する罪」に分類されます。

競馬や宝くじ、スポーツ振興くじなどは合法的な賭け事になりますが、カジノや賭け麻雀、スポーツの勝ち負けを賭ける行為などは賭博罪に抵触します。

法律で賭博罪は、対向犯に分類されます。

対向犯は、2人以上の相互関係者がいることで、初めて成り立つ犯罪をいいます。オンラインカジノでいうと、運営する側とプレイする側の両方が有罪になった場合、賭博罪が成立します。

ベラジョンカジノは海外では合法的である上、日本の法律が適用されませんので、有罪になるということはほぼあり得ません。よって対向犯が成立しにくく、プレイする側も有罪となる可能性は、極めて低いといえるでしょう。

逮捕されない理由④:摘発が非常に難しい

日本の法律でインターネット上の行為を取り締まることは難しく、法の目をかいくぐった、いわゆる脱法行為が横行している傾向があります。国内で禁止されていることでも、海外サーバーからの情報発信だった場合、罰することが難しいというのが現状です。

児童ポルノの画像を所持している場合や動画を閲覧した場合は罪に問われると、リオ協定が世界会議で採択されたように、世界が一致団結して取り組むなら話は別ですが、すべての問題がそうとは限りません。

犯罪を摘発するには、証拠となる情報が必要になります。

インターネットの場合、本人を特定するためサーバー会社にユーザーの情報開示を求めることがありますが、日本の警察が海外サーバーに対して捜査令状を取ったとしても、拒否される可能性は極めて高くなります。

オンラインカジノを利用したプレイヤーを摘発する場合、警察はプレイヤーの個人情報(アカウントIDや住所、賭けた履歴など)が必要になります。

オンラインカジノ運営側が、情報の開示を拒んだ場合、必要な情報を得ることがほぼ不可能になります。人も企業もそうですが、通常属している国の法律を尊重します。

たとえばベラジョンカジノは、本社のあるマルタ共和国の法律に従っているわけですから、よっぽどのことがない限り、日本の法律を優先するとは考えられません。

ベラジョンカジノで逮捕されるとしたら?

ベラジョンカジノでプレイしても、逮捕される可能性は低いと考えられますが、0ではありません。実際にオンラインカジノで逮捕者が出ているというのがその理由になります。

実際に逮捕者が出た過去の事例

スマートライブカジノ事件は、オンラインカジノをプレイしていた日本人が逮捕された事件として、よく知られています。2016年、日本からオンラインカジノをプレイしていた3人が、賭博容疑で京都府警に逮捕されました。

3人は埼玉県や大阪府など、異なる地域からオンラインカジノに参加、約22万円を儲けたということです。オンラインカジノで逮捕者が出たことで、日本は一事騒然となりました。

海外のオンラインカジノを利用したのに、なぜ逮捕されたのか、なぜ3人だけだったのか、さまざまな憶測が飛び交いましたが、警察は、海外オンラインカジノでも逮捕されることはあり得る、という前例を作りたかったのではないか、という説が有力です。

単に日本から海外オンラインカジノをプレイし儲けただけが理由なら、逮捕者は3人では済まないからです。賭博罪は対向犯なので、プレイヤーだけではなく、運営会社も有罪になる必要があります。

ですが逮捕されたのはプレイヤーだけでした。この点から見ても、プレイヤーだけ逮捕するというのは無理があります。違法者を摘発するには、個人情報など数々の証拠が必要となります。

逮捕するために警察がすべての証拠を揃えたとは考えにくく、個人がある程度特定できた段階で、無理矢理逮捕に踏み切ったと考えたほうが自然です。

逮捕事例でわかったこと

スマートライブ事件での教訓は、警察は証拠が完全に揃わなくても、こじつけで逮捕することがあり、海外オンラインカジノでも賭博罪に問われることがある、ということでした。

逮捕された3人のうち2人は、略式起訴で有罪となりました。残りの1人は、略式起訴を不服とし、裁判も辞さない姿勢を取りましたが、最終的に起訴が取り下げられ無罪となりました。

「海外オンラインカジノは合法である」という認識が広まったきっかけを作ったのも、スマートライブ事件の特徴といえます。

オンラインカジノはグレーゾーン!プレイするときの注意点

クロでもなければシロでもない、それが日本におけるオンラインカジノの位置づけです。プレイしても問題はありませんが、1歩間違えると、違法とみなされる可能性もありますので、注意が必要です。

違法性も合法性もないオンラインカジノ事情

日本ではオンラインカジノを制限することや取り締まる法律は存在しません。なので、オンラインカジノに違法性があるかというと、それはない、というのが法律上正しくなります。

ですが、だからと言って合法であるとも言い切れません。その根拠は、違法性がないというものと同じで、法律がないため合法ではない、ということです。

オンラインカジノはグレーゾーンであるとされるのは、こういう事情があります。

日本人向けのサービスには手を出さない

スマートライブカジノ事件で逮捕された3人は皆、スマートライブカジノプレイヤーでした。他の海外オンラインカジノではなく、スマートライブカジノだったのはなぜか、という疑問ですが、逮捕されたプレイヤーたちが利用したのは、日本人を対象としたゲームだったからと考えられています。

そのゲームでは、日本人の女性がディーラーを努め、日本語でチャット可能というサービスぶりでした。このサービスがそれほど盛り上がらなければ、逮捕者が出なかったかもしれません。

ですがかなり盛況だったようで、多くの日本人が参加、プレイとチャットを楽しみました。日本人ディーラーによるサービスが開催されたのは日本時間の夕方から深夜で、日本からの参加を意識していたことは十分考えられます。

逮捕者が出たということから、その時間帯の開催は、日本で開催されていることと同様と、警察はみなしたようです。日本人が対象のゲームに参加したことが、警察に目をつけられたという説が根強いため、日本人向けのカジノには参加しないほうが無難です。

身元が特定されるようなことをしない

スマートライブカジノ事件では、なぜ3人だけが逮捕されたのか、という点に関心が集まりましたが、逮捕された3人は、個人情報がわかるような情報を配信していました。

スマートライブカジノでは、プレイヤー同士、賭けた状況が把握できるようになっていましたが、逮捕に至った要素はそれだけではありません。3人は独自にギャンブル履歴をブログなどで公開していたのです。

情報を公開する際に、賭けた状況や結果などをスクリーンショットなどに撮って投稿、その中にはオンラインカジノで使用しているアカウントIDも含まれていました。ブログに投稿されているアカウントIDを辿ることで、本人を特定しやすくなります。

警察は、積極的に情報を公開している3人に目をつけたと考えられます。

オンラインカジノは違法ではありませんが、シロでもないグレーゾーンです。つまり逮捕の可能性もあり得るということですので、積極的にオンラインカジノの情報を配信することは避けたほうが賢明です。

スマートライブカジノ事件のように、こじつけで逮捕される場合もあり、その際、個人情報が確定しやすい人が、逮捕の対象になる可能性が高くなります。個人が特定できる情報はできるだけ公開せず、密かに楽しむことが賢明です。

合法的に運営されていないオンラインカジノは避ける

存在するオンラインカジノすべてが合法であるわけではなく、中には行政の許可を得ずに違法に運営しているところもあります。

オンラインカジノがグレーゾーンといわれるのは、カジノを運営している会社が、合法である場合のみです。違法に運営されているのは、その時点でクロですので、注意が必要になります。

オンラインカジノを合法的に運営するには、政府の許可が必要で、ライセンスの発行を受けます。プレイするオンラインカジノが合法かどうかは、サイトを見るとわかります。

ライセンスは通常ホームページの下部に表記されていますので、確認してから利用することをおすすめします。

ライセンスを発行するのは、通常会社が属する国です。政府の中には審査がとても緩かったり、賄賂を積んで許可をしたりするところもありますので、ライセンスを持っているところすべて信頼できるというわけではありません。

ベラジョンカジノが保持しているライセンスは、マルタ共和国政府が付与したものです。マルタ共和国は、ライセンスの発行に関し、とても厳しい審査基準を設定していることから、ベラジョンカジノを選ぶ際の判断基準になるのではないでしょうか。

ベラジョンカジノはマルタ共和国以外にも、イギリス政府やデンマーク政府からも許可を得ています。複数のライセンスを保有しているベラジョンカジノは、信頼性の高い海外オンラインカジノの一つといえるでしょう。

オンラインカジノは海外だけでなく、国内にも存在します。ですが、国内でオンラインカジノを運営するのは違法です。

インターネットに接続してプレイするカジノには、オンラインカジノともう一つ、インカジと呼ばれる形態があります。インカジは、オンラインカジノをする場を提供する店舗のことで、それだけで違法行為になります。

国内運営のオンラインカジノもインカジも、絶対に参加しないようにしましょう。プレイ前は必ずライセンスを確認することをおすすめします。

ベラジョンカジノで逮捕される可能性は?オンラインカジノのシステムや逮捕事例から解説まとめ

ベラジョンカジノは、合法的に運営している海外オンラインカジノなので、基本的にはプレイしても、逮捕される可能性はほとんどありません。

ライセンスも複数保有していることから、運営体制にも安心できる部分が多いのではないでしょうか。といってもベラジョンカジノはオンラインカジノに分類され、日本から見るとグレーゾーンの域を抜けてはいません。

現状はオンラインカジノを規制する法律はありません。

ですが、日本政府の動きで法が整備されると、これまで罪に問われることのなかったものが、法に抵触する可能性も出てきます。快適にオンラインカジノを楽しむなら、オンラインカジノはグレーゾーンだということを忘れずに、ルールに従うことが大切です。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!