31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

簡単無料!会員登録の流れを解説。3,000円分の無料プレイ可能!

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

簡単無料!会員登録の流れを解説。3,000円分の無料プレイ可能!

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

Slider

バカラ攻略・必勝法である31システム法の賭け方、手順を実際のオンラインカジノのバカラ画像で実践、丁寧に分かりやすく解説します。

31システム法は、バカラでの資金管理、マネーシステム、システムベット法の1つです。

31システム法の特徴、実践シミュレーションから検証した確率と期待値。さらには、31システム法のメリット、デメリット、注意点をまとめました。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノの無料プレイで実践してみてください

31システム法

31システム法は、ローリスクでコツコツと資金を増やて利益を出すことが可能なバカラのシステムベッティング、マネーシステム、資金管理法です。

別名「2連勝法」とも呼ばれ、2連勝法の名前通り、勝敗歴に依存なく2連勝することで必ず利益が確定するバカラの攻略・必勝法です。

この”31″という数字は、「コインの枚数」を指しており、31枚のコインを使用していきます。1単位(1回の賭け金)を1ドルとして扱うなら、1ドルのチップを31枚使います。

1ドルを31枚使うので累計で最大$31を使っていきます。

この31枚のチップを使い果たすうちに2連勝すれば良いわけで利益の大きさは状況により異なりますが、とにかく2連勝さえすれば必ず利益を得ます。

この必勝法の1セットが終了する条件は、9回ゲームを行った時、または途中で2連勝した時となっています。

バカラ初心者や低予算の方でも安心して使用できる必勝法であり、当然必ずしも利益を出せる戦略ではありませんが、ローリスクで短期間での勝利を目指せます。

一見すると複雑な賭け方に見えますが、規則性があるので覚えてしまえば簡単です。

31システム法の特徴

31システム法は、勝率50%で配当が2倍のゲーム(バカラ、ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小、ブラックジャック、シックボーなど)に使えます。

31システム法の特徴は、名前の由来にもなっている負け金額の上限が31単位で確定していること。

2連勝で利益が確定し、失敗しても最大損失が31単位と決まっているので、資金に合わせて賭け金を設定すればリスクを最小限に抑えられます。

使用中の負け額は、最大で31ドル。31システム法の「31」の意味は、最大損失が、31単位で納まりますということです。

9回の勝負のうち、どこかで2連勝すると必ず残高が増える必勝法です。9回のうち 2連勝しなかった場合、準備した金額以上負ける心配はありません。

失敗しても損失は、最大31単位で収まるように設計されているので資金管理が苦手な方にオススメです。

こちらは、勝率50%のゲームで連勝する確率を表にしたものです。

91f22559669c79da6d7af1d3f5577aa3 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

31システムの最大損失額は9連敗した時の31単位です。

表を見ると、9連敗する確率は約0.2%(500回に1回)しかありません。

それに対して、2連勝の確率は約25%(4回に1回)ですから、安定感のあるベットシステムといえます。

爆発力には欠けますが、「マーチンゲールで賭け金が跳ね上がって破産した。」「コツコツでいいから、確実に資金を増やしたい。」という人におすすめです。

31システム法の賭け方

31システム法の賭け方を説明します。

こちらが、賭け方の表です。

68f5ef8b8be9147ea7dbd9f3d5b1ae05 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

基本ルールは、このようになっています。

  • 最初に1単位の賭け金を決める。
  • 賭け金は、1→1→1→2→2→4→4→8→8と上げる。
  • 途中で勝った場合は、横に進まず下段へ下がる。
  • 2連勝するか、D-2回目の8ドルを賭けたゲームでセットを終了し、最初のA-1回目に戻る。

ランドカジノでは、このような表を持ち込むことを禁止している場合がありますが、オンラインカジノなら注意されることもありません。

31システム法の賭け方を覚えるまでは、表を見ながらベットしてください。

31システム法では、ベット額が1・2・4・8の4段階に分かれています。

最初のA-1回目に勝った時のみ横に進みますが、それ以降は勝った次ゲームでは下に降りて賭け金を上げるところがポイントです。

例を2つ作ってみました。

7d358421dd06b9183614cba8228bec51 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

【例1】A-2回目に勝った次ゲームでは横に進まず、B-1回目の2単位を賭けます。

この場合は、B-1回目に勝って2連勝したので31システム法のセットを完了し、A-1回目に戻ります。

【例2】今回は3連敗したので、そのまま下へ降りてB-1回目の2単位を賭けます。

この場合は、ここで勝ったのでB-2回目に行かず、下へ降りてC-1回目の4単位を賭けます。勝った場合はここで終了ですが、負けたので横のC-2回目に進みます。

ここでは、勝っても負けても次ゲームはD-1回目の8単位です。今回は勝ったので2連勝となり31システム法のセット完了で続ける場合はA-1回目の1単位に戻ります。

バカラで31システム法の実践

それでは、バカラを使って31システム法を実践します。

バカラは、プレイヤーとバンカーのどちらに賭けても勝率が約50%ですが、バンカーに賭けて勝った場合はコミッション(手数料)を5%取られるので、プレイヤーのみに賭けます。

1単位を10ドルに設定しました。

■1ゲーム目|A-1回目

d45cdb284934063110ae571ad226aae9 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

10ドルを賭けて負けたので、10ドルのマイナスです。累計損益:-10ドル

■2ゲーム目|A-2回目

e96ce90702d72978afbd801b6c231b40 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

1ゲーム目で負けたので横へ移動し、A-2回目の10ドル(1単位)を賭けます。勝ったので20ドルが払い戻されて、収支はプラマイゼロになりました。累計損益:0ドル

■3ゲーム目|B-1回目

7f48642bba9860712771ea3bc8900c02 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

前のゲームで勝ったのでA-3回目に行かず、下へ降りてB-1回目の20ドル(2単位)を賭けます。勝てばセット完了だったのですが、負けたので20ドルのマイナスです。累計損益:-20ドル

■4ゲーム目|B-2回目

016a5cbe41f36ed3a0418ab6fa6168f7 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

前のゲームで負けたので横へ移動して、B-2回目の20ドルを賭けます。勝ったので、20ドルが払い戻されて収支がプラマイゼロに戻りました。累計損益:0ドル

■5ゲーム目C-1回目

fadcdbfcfc92383bc1fcbdb96c2ec670 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

前のゲームで勝ったので下へ降りて、C-1回目の40ドル(4単位)を賭けます。勝ったので、40ドルが払い戻されました。これで2連勝して、31システム法が成功です。

続ける場合は、A-1回目の10ドルへ戻ります。累計損益:40ドル

31システム法の収支シミュレーション

実戦収支表は、こちらです。

b7dadc55f9f8e68b2f26a0e586cb4d6d - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

今回はC-1回目で勝ったので成功しましたが、負けていた場合はC-2回目へ進んで、勝っても負けてもセットを完了させてA-1回目へ戻ります。

1度でも2連勝したら利益が確定しますし、仮にセットを全敗しても最大損失は31単位ですから、十分に取り返すことが可能です。

31システム法の検証結果

実戦例では上手くいきましたが、31システムにも弱点があります。

2連勝しないと利益が出ない

31システム法は1セットで最大8ゲームですが、この間に2連勝できないと利益が出ません。

D-2回目で強制終了となるため、1勝1敗のような展開が続いたり、8ドルを賭けた時に勝てないとマイナスになってセットが終了します。

ただし、マーチンゲール法やモンテカルロ法などのように、賭け金が大きくなることはありませんから、破産やテーブルリミットを超える心配はありません。

仮にマイナスでセットが終わっても、比較的取り戻しやすい安定感のあるベットシステムといえます。

8ゲーム目に負けると、そのセットでは利益が出ない

31システム法の賭け方をもう一度ご覧ください。

68f5ef8b8be9147ea7dbd9f3d5b1ae05 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

D-1回目に負けると、次のD-2回目に勝ってもセットが終了するため、この時点でセットのマイナスが決まります。

31システム法のメリット

31システム法のメリットは、名前の通り、損失が出ても「31ドル」で止まってくれるためリスクも少ないことです。

2連勝で利益が生まれる

2連勝した時点で利益が確定します。連勝して欲が出ても表の欄に当てはまる額を賭けて行くだけなのでバカラで熱くなり賭け金が大きくなり過ぎるのも防げ、資金管理もしやすいと言えるでしょう。

de3cdcb82b2d9a77a217cd56d7a0e785 8 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

リスクが少ないので初心者にもお勧め

一連のサイクルを一巡して終了しても、損失額は31ドル以内におさまるため、予想外の損失に心を痛めることもありません。利益も出しやすいため初心者の方も比較的利用しやすい必勝法と言えます。

「負けてもどうせ31ドル」と思うことでバカラ自体を楽しむ余裕が生まれます。軍資金が低予算でも安心して遊べるのがメリットです。

31システム法のデメリットと解決策

31システム法にもデメリットがあります。

ゲームスピードの速いゲームだと、賭け間違いをしてしまう

スピードバカラはゲーム進行がめちゃくちゃ早いため、31システムを始めたばかりで賭け方を覚えていない場合は賭け間違いをしてしまうことがあります。

連勝しないと取り戻せない

2連勝で利益が確定するのが31システム法ですが、9回目までに連勝出来ないと損切りとなり、連勝しないと負け分を取り戻す方法がありません。

マーチンゲール法だと、永遠に倍賭けしていけば損失分を取り戻すことができます。

全ての欄を賭けて9ゲームを終え、連勝がない場合は、損失が確定してしまいます。

31システム法は、損失額を限定しながら2連勝で利益が確定するバランスの取れたシステムですが、慣れるまでは「賭け方に特有のルールがありちょっと難しい。」と慣れるまでは間違いやすいという欠点です。

そこで、誰でも分かりやすいように簡略化した賭け方も合わせて紹介します。

もう一度、賭け方の表をご覧ください。

68f5ef8b8be9147ea7dbd9f3d5b1ae05 - 31システム法の特徴や使い方を解説。メリットとデメリットを知って「31システム法」で利益を増やそう!

ルール通りですと、A-2回目以降は勝った次ゲームでは下段へ下がるのですが、勝ち負けに関わらず横に進んで賭けていきます。

「1、1、1、2、2、4、4、8、8」と進んで、最後の8ドルを賭けたら、最初に戻ります。

この賭け方だと、最初に連勝してもD段の8ドルで負けると利益がなくなる可能性がありますが、最初に連敗しても最後に勝てばプラマイゼロ、またはプラスでセットを終わらせることができます。

安定性には欠けますが、最大損失額が決まっている31システム法ならではの賭け方です。

賭け方の表を見ながら、通常のベットシステムと合わせて使ってみてください。

バカラ攻略・必勝法「31システム法」のまとめ

31システム法をバカラの実戦で使う時のポイントをまとます。

  • 勝利50%(バカラ、ルーレット、ブラックジャック、シックボーなど)・配当2倍のゲームで有効。
  • 2連勝で利益が確定する。
  • 最大損失額が決まっているので、破産のリスクが少ない。
  • 勝った次のゲームの賭け金を間違えると、連勝しても利益が残らないので注意する。

バカラでは、プレイヤーやバンカーの連勝が続いたときに、「そろそろ連勝が終わるだろう。」と逆側に賭け続けた時に破産のリスクが高くなります。

その点、31システム法は賭け金が跳ね上がることがなく、熱くなりやすい人におすすめのベットシステムです。

31システム法は、地道にコツコツと利益を上げていける長期戦タイプの必勝法、ローリスクハイリターンの非常にバランスの取れた投資法となっており、バカラ初心者の方から、上級者の方まで幅広く使われています。

バカラ初心者の方から、上級者の方まで使ってもらえるシステムベッティングです。

メンタル面にも優しい賭け方のため、バカラで熱くなってしまい負けが続き、自分で決めた損切りのラインやルールを破ってしまう方にも最適です。

31システム法は、31単位負け以上を追えないようになっています。マーチンゲール法に限界を感じている方にもおすすめです。

負けを抑えつつ、大きい勝ちも狙える31システム法は、バカラなど勝率の高い2倍配当の賭けを利用することで高い勝率や利益を維持することができます。

少ない資金でもバカラを楽しみたいと思う方はぜひ使用してみてください。

31システム投資法は、9回のうち2連勝すれば利益が獲得できる必勝法です。

連勝できないと損失は出てしまいますが、ベラジョンカジノで遊べば1単位を0.1ドルにできるので、最大3.1ドルの損失にとどめることができます。

資金が低予算の場合にも「負けても31ドル、2連勝すれば利益確定」気楽にベットすることが出来るのでバカラ初心者の方にもお勧めの必勝法です。

負けを抑えつつ、大きい勝ちも狙える31システム法。是非、バカラの攻略・戦略で試してみてください。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!