バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の手順を図解で解説します。登録するだけで3,000円分の無料プレイが可能!

登録方法の図解で詳しく解説。3,000円分の無料プレイ可能!

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

入金方法・手順・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

出金方法・手順・条件・手数料・限度額・種類を解説

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

バカラのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ルーレットのプレイ方法を図解で解説。攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

ビデオスロットの遊び方。スロット攻略・必勝法も紹介

Slider

バカラ攻略・必勝法であるグッドマン法の賭け方、手順を実際のオンラインカジノのバカラ画像で実践、丁寧に分かりやすく解説します。

グッドマン法は、バカラでの資金管理、マネーシステム、システムベット法の1つです。

グッドマン法の特徴、実践シミュレーションから検証した確率と期待値。グッドマン法のメリット、デメリット、注意点をまとめました。

※この記事で引用している画像は、ベラジョンカジノで遊べる実際のゲーム画像です。バカラの攻略、必勝法を習得したら、ベラジョンカジノの無料プレイで実践してみてください

グッドマン法

グッドマン法は、別名1235法とも呼ばれる、攻守のバランスに優れたシステムベット攻略法です。

パーレー法のような爆発力こそありませんが、連敗時の損失を最小限に抑え、連勝時にはそれなりの利益を出せるため、資金の少ない人や初心者の人にもおすすめです。

この記事では、グッドマン法の賭け方、実戦での使い方、注意点などについて、画像を使いながら分かりやすく説明しています。

グッドマン法の特徴

グッドマン法は、1235法という別名の通り、賭け金を1→2→3→5と上げていきます。

バカラの他に、勝率50%・配当2倍のゲーム(ブラックジャック、ルーレットの赤黒・奇数偶数・大小、シックボーなど)にも有効です。

2連勝でイーブン収支が決まるため、3戦目以降のゲームは気持ち的に余裕を持って挑めるのがメリットといえるでしょう。

また連勝が続いた時も、パーレー法のように勝った利益を全て次ゲームに賭けたりせず、利益を手元に残していくため、資金がパンクするリスクはほとんどありません。

グッドマン法の賭け方

グッドマン法の賭け方を説明します。

基本的な賭け方の概要です。

  1. 最初に1単位の金額を決める。
  2. 1ゲーム目は、1単位を賭ける。
  3. 負けた場合は、勝つまで1単位を賭け続ける。
  4. 勝った次ゲームでは2単位を賭け、それ以降は3単位→5単位と賭け金を増やす。
  5. 5単位で勝った場合は、5単位を賭け続けるor最初に戻る。
  6. 途中で負けた場合は、最初の1単位に戻る。

賭け方の表を作りましたので、ご覧ください。

de3cdcb82b2d9a77a217cd56d7a0e785 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

20回の試行で10勝10敗ですが、5連勝がありましたので、3単位のプラスが出ています。

4連勝で11単位のプラスになるため、「4連勝できるか?」がグッドマン法成功のカギを握ります。

表では、4連勝後の5ゲーム目(16ゲーム)に5単位を賭けていますが、安全策を取って最初の1単位に戻ってもかまいません。

グッドマン法と似た賭け方に、バーネット法(1326法)があります。

参考)バーネット法の賭け方

7332e5a92539874622fa45caeeaa7c7c - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

グッドマン法では、1ゲーム目で勝って払い戻された資金をそのまま2ゲーム目に賭けるのに対し、バーネット法では1単位をプラスしています。

したがって、2ゲーム目に負けた時の損失が、グッドマン法は1単位、バーネット法は2単位になります。

バーネット法をディフェンシブにしたものが、グッドマン法と覚えておけばいいでしょう。

バカラでグッドマン法の実践

それでは、バカラでグッドマン法を実践します。

バカラの勝率は、プレイヤーとバンカーのどちらに賭けても約50%ですが、配当率に違いがあります。

プレイヤーの勝ちに賭けて勝利したときは2倍配当、バンカーに賭けて勝利したときは1.95倍配当です。

バンカーに5%の手数料を取られるのはもったいないので、今回はプレイヤーのみに賭けました。

1単位は、10ドルです。

■1ゲーム目
10ドルを賭けて勝ったので、20ドルが払い戻されました。累計損益:10ドル

9704013a3df7cd0891554a8bfc0c909e - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■2ゲーム目
払い戻された20ドルを賭けて負けたので、最初に戻ります。累計損益:-10ドル。

860772cdb5f11b6d7e4bf1022c4d3c02 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■3ゲーム目
10ドルを賭けて勝ったので、20ドルが払い戻されました。これで収支はイーブンに戻りました。累計損益:0ドル

6222d1097131a6d082d4d9e1a44496b1 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■4ゲーム目
払い戻された20ドルを賭けて勝ったので、40ドルが払い戻されました。2連勝でプラマイゼロが決まるため、気分的に楽になれるのが、グッドマン法の長所です。累計損益:20ドル

0ad258dbc7bc00073d29b712b84efd4c - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■5ゲーム目
30ドルを賭けて勝ったので、60ドルが払い戻されました。これで、次に負けてもプラス収支になります。累計損益:50ドル

79e7b7b9ea74a41dacf4b5d47a2fa9e9 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■6ゲーム目
50ドルを賭けて勝ったので、100ドルが払い戻されました。4連勝したので、大きく利益を伸ばすことができました。累計損益:100ドル

5a37f56542dad486b37d9e0989d28edf - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■7ゲーム目
4連勝後は、最初に戻ってもいいのですが、負けるまで50ドルを賭け続けることにしました。見事に勝利したので、50ドルが払い戻されました。累計損益:150ドル

12c752fca2175889774cdbc41a346610 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

■8ゲーム目
ここでも50ドルを賭けましたが、残念ながら負けてしまったのでセット終了です。グッドマン法をさらに続ける場合は、最初の10ドルに戻ります。累計損益:100ドル

a57fb6e453d558285576f65dce211451 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

グッドマン法の収支シミュレーション

収支表はこちらです。

3c20b6f8dea7db5db95d3381e80f00ad - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

今回は、5連勝できたので利益が出せました。

グッドマン法での連勝数による収支は、このようになっています。

  • 2連勝で収支イーブンが確定
  • 3連勝で1単位以上の利益が確定
  • 4連勝で11単位以上の利益が確定

4連勝以降どこまで引っ張るかについては、プレイヤーの判断によって変わります。

グッドマン法の検証結果

グッドマン法は、ディフェンス面にも気を配った攻略法ですが、それでも完璧ではありません。

次のような弱点があります。

2連勝しないと損失が着実に増える

グッドマン法で収支をイーブン以上にするには、2連勝が最低条件です。

このように、テレコ(1勝1敗)が続く展開になると、損失が膨らんでいきます。

7262fda595a82063db13b7e17c9325c4 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

1単位を賭けて払い戻された2単位を次ゲームに賭けるので、連勝できないと最初の1単位分がマイナスになります。

同じ5勝5敗でも、5連敗のあとに5連勝だと利益が出ます。

連勝中の破壊力は中程度

グッドマン法では、4連勝以降は5単位ずつを賭け続けるので、仮に10連勝などの大きな波を掴まえても爆発的に資金が増えることはありません。

グッドマン法で10連勝した場合

1c8cd726a282d670debde2ec76ccf6bc - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

パーレー法で10連勝した場合

72d1b73b1e04bd24ace1eaf88a5ff8e8 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

リスクを抑えながら資金を増やすために考案されたシステムですから、パーレー法やグランパーレー法の爆発力には劣ることを理解しておいてください。

グッドマン法のデメリットと解決策

ここでは、もう一度グッドマン法の長所と短所を復習して、少しでも利益を多く出すコツを解説します。

1勝1敗や2連勝止まりが続いても我慢する

繰り返しになりますが、グッドマン法は2連勝でイーブン、3連勝以上で利益が確定します。

そのため、連勝できないとジワジワと資金が減っていくのですが、この時に熱くなってルールを破った賭け方をすると破産のリスクが大きくなります。

バカラの勝率は約50%ですから、大数の法則に従えば、負けが込んだあとには連勝の波がやってきます。

4連勝できれば11単位の利益が出ますし、さらに5、6、7連勝と勝ち続けると損失を回復するどころか、大きな利益も出せます。

最初に決めた1単位あたりの金額を守り、淡々とベットしていくことを心がけてください。

1単位の賭け金を上げて勝ち逃げを狙う

グッドマン法は、連敗が続いても賭け金が一定なので、資金がパンクするリスクはかなり小さくなっています。

そのため、資金に余裕があるときには、思い切って1単位の賭け金を多くして、短期勝ち逃げを狙う方法が有効です。

先ほどの実戦例では、1単位10ドルでしたが、これを50ドルにした場合を考えてみましょう。

e4b5226f10e6a7d2ff3c1e58e019b930 - バカラの攻略・必勝法 | グッドマン法の説明。実践シミュレーションの検証、期待値と確率の解説

当然ながら、利益は5倍になります。

マーチンゲール法やモンテカルロ法だと、連敗時に賭け金が膨らみますし、テーブルリミットを超えてしまう可能性もあります。

連敗時に賭け金が膨らまない、グッドマン法ならではの攻略法といえるでしょう。

手持ちの資金に余裕があるときは、賭け金を上げてみることも考えてみてください。

バカラ攻略・必勝法「グッドマン法」のまとめ

グッドマン法のポイントをまとめます。

  • 2連勝でイーブン、3連勝で利益が確定する。
  • 連敗しても賭け金が一定なので、パンクの危険性が低い。
  • 4連勝後にあまり欲張らずに、早めの利益確定を考える。
  • 資金に余裕があるときは、1単位の賭け金を上げてみる。

グッドマン法は、非常にバランスの取れた賭け方なので、短時間・長時間いずれの勝負にも適しています。

面白そうだと思った人は、ぜひバカラの実戦で使ってみてください。

\当サイトから会員登録すると/
3,000円分 "無料"で遊べます!